カトリック上福岡教会

説教

「おそれることはない」 着任のご挨拶

ヨハネ 加藤 智神父

カトリック上福岡教会の皆さま

十 ご復活の主はみなさんとともに

ご復活祭をもって上福岡教会に着任しました加藤 智神父です。実は、2013年から17年まで、前任のグエン・ゴン・ホアン(飛鳥祐人)神父さまが教区の東日本大震災後の福島の復興支援施設の責任者であられた期間、名目上ではありましたが私が川越教会と当教会を兼務させていただいており、その間2013年10月には、皆さんとご一緒に上福岡教会創立50周年をお祝いさせていただきました。不思議な神のお導きで、この度は上福岡教会が私の本務となり、当教会の司祭館に在住いたします。よろしくお願いいたします。

本来であれば、着任後のごミサで、皆さんにご挨拶申し上げるべきところ、新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、現在5月30日まで、公開のミサ及び諸集会が一切中止されていますため、書面でのご挨拶に替えさせていただきました。どうぞご了承ください。

カトリックの信仰のアルファでありオメガは、「神を畏れること」です。「神を畏れることは知恵の初め」と旧約の箴言(1:7)にある通りです。しかし、今現在ほどにこのみ言葉の真実が私たちの心に迫ってくる時がかつてあったでしょうか。状況は同じではありませんが、第2次大戦中、ナチの軍靴の響きの前に怖じ惑う人々に向けて語られた、後に「おそれるな」との題をつけられたあるスイスの牧者の説教が残されています。彼は告げます、

「もし私たちが、真の神を、真の神のみを畏れるなら、私たちは神以外のあらゆるものに対する恐れから自由になる。しかし、もし私たちが、真の神を畏れないならば、神以外の一切のものを恐れて生きるほかはない。」

もちろん、彼は迫りくるナチの脅威を誰よりもよく知っていたはずです。事実、彼はこの説教の後、程なくナチによって拘束され国外に追放されます。今、私たちは新型コロナウイルスの脅威にさらされています。ただし、この脅威に怖じ惑うことと、この脅威に冷静沈着にかつ適切に対処することとはまったく生き方が異なります。今、私たちの取るべき生き方は明らかです。迫りくる脅威を前に、この感染症への恐れから自らを開放する力は、私たち自身にはありません。しかし、私たちには、神がいます。私たちは、神のみ前に生かされています。今こそ、この信仰の事実に、心のみならず体ごと立ち返る時ではないでしょうか。

私たちを、感染症も含めて神以外の一切のものに対する恐れから自由にし、だからこそ冷静に感染症に対処することを可能にするただ一つの「知恵」、それは「神を畏れる」ことです。

祈りましょう。祈りを毎日の生活の一部としましょう。できれば、毎日の祈りの時間を決めましょう。現在、公開のミサも、教会に集っての祈りの集会も中止されています。信者の皆さんのご聖体の恵みを求めての切なる願いを思うたびに、私は司祭として胸が張り裂けそうになります。しかし、どうぞ覚えておいてください。皆さんに公開のミサに加わっていただくことは現在できませんが、皆さんの上福岡教会がミサを中止しているわけでは決してありません。私は皆さんの司祭として毎日ミサを皆さんのために捧げています。祈りにおいては皆さんとともに毎日ミサを捧げています。事実、皆さんへの思い、さらには皆さんのお祈りの支えがなければ、司祭であっても一人でミサを捧げることはできません。上福岡教会の信者の多くの皆さんには、未だお目に掛かる機会を得ていません。しかし、今ほどに、私は皆さんすべての司祭であることを誇りに、また光栄に思う時はないとさえ思うほどです。

私は、今、皆さんの司祭とされてよかったと心から思っています。どうぞ、皆さん、それぞれのご自宅で、あるいは職場で、私が教会の司祭館で毎日捧げるごミサに加わってください。時間の許す方は、毎日の福音をお読みになって黙想なさってください。あるいは主の祈り・天使祝詞・栄唱をお唱えいただくだけでも構いません。時間の許さない方は、ひと時の瞑目だけでも、お願いいたします。私は皆さんの司祭として、毎朝10時にミサを捧げています。

主キリストのご復活の日の朝のことです。福音書は、主の十字架の死の後、悲嘆にくれ、神ならぬ一切のものへの恐れに身も心も閉ざしていた弟子たちに、ご復活の主が最初に語りかけてくださったのは次の言葉であったと伝えています。すなわち、

「恐れることはない。」

なぜならば、真に畏れるべき方は、神のみだからです。

上福岡教会のすべての皆さんと皆さんのご家族、さらに皆さんがお心に掛けておられるすべての方々の上に、神の御祝福と御守りを心からお祈りしています。必ず、時が来ます。

ご復活の主は、みなさんとともに。

父と子と聖霊のみ名によって。

ゆりのイラスト

「説教」一覧へ

トップヘ戻る

“Do not be afraid!”

Letter from Father John S. Satoru Kato

Dear the English-speaking congregations of the Parish in Kamifukuoka

十The Risen Lord be with you.

I have taken in charge of the Parish in Kamifukoka since the day after Easter. Some of you may remember, however, that I was in charge of this Parish, even nominally though, alongside with the Parish in Kawagoe, between 2013 and 2017 while Fr Yuto Aska, former Parish Priest of this parish, was in charge of the Diocesan supporting centre in Fukushima after the disaster hit in the areas in Tohoku and Kitakanto. In the meantime, I celebrated with you for the 50th Anniversary of the establishment of this Parish in 2013. This time I have been officially made a priest-in-charge of this parish and I live in the presbytery here.

I really wish to celebrate the mass with you. Unfortunately, however, the public mass with be suspended due to the prevention of the spread of the Novel Coronavirus Infections until 30th May; therefore, I write this letter to you instead.

The Alfa and the Omega of the Catholic faith is to fear God as it is written in the proverbs, “The fear of the Lord is the beginning of knowledge” (1:7). The situation now, I think, leads us very clearly to the truth of these words. These words also remind me of the famous sermon delivered by the Rev Karl Barth, a swiss pastor, during the second world war, whose sermon was named “Do not be afraid!” later. In the final sentence of his sermon, it read,

“When we are afraid of God and of Him only, we will surely be freed from all the fears except the fear of God. In the contrary, however, if we were not be afraid of God, we would be caught by the fears of everything not divine.”

Barth knew of the sentiments of the people who were afraid of the Natis. In fact, he himself would be caught by the Natis and deported shortly after this sermon. We are now caught by the fear of the new virus with the certain reasons. We should, however, avoid losing our lives in vain just with the fear of the virus, but we should cope with the virus calmly and properly. We know that we have little power to free us from the fear of the virus by ourselves. However, we have God in our side. We face the threat from the virus, however, we have to realize that we live with God. We are never alone but with God. It is indeed the time we come back to this Catholic faith, above all to God Himself, who be with us always, including the present time.

It is, I am sure, the fear of God that is the only way for any of us to free us from the fear of the virus and, therefore, to make us it possible to cope with the virus.

I know that you are saddened and are struggling with the life without attending at the mass and without receiving other sacraments for such a long time since February. Although you cannot join in the mass with me, your priest, I seriously remind you that the church will never cease to celebrate the mass even in the present situation. The priests, like me, say mass everyday even at his presbytery for you and for your families and friends. I can say that we, the priest, say mass with you in a spiritual sense as we know that without you or at least without your support in prayers we, the priests, I strongly feel, cannot say mass because the mass is for you.

For my case, mass is not open though, I say mass everyday at 10 am for you at my presbytery. I wish, therefore, to invite all of you to join me in the mass at your home or in working places. For this, you will be advised to read the Bible, perhaps with the indicated readings for each day and meditate on God’s words. Or, you may say the Lord’s Prayer and the Hail Mary with the Doxology. If you work at 10 am, you may be invited to have just a moment of silence at that time. If you can join me in that way, I will be really honoured and be delighted.

On the very day of the Resurrection, as it was promised the Risen Lord appeared to His disciples who had been lost themselves with the fears for things not divine. The Risen Lord, then, told them with the words, that is: “Do not be afraid!” Because what we should be afraid of is God, and Him only and nothing else.

I bless you, my congregations in Kamifukuoka, and your families and friends and ask God to protect all of you from every evil, particularly from the evil virus. The time will surely come.

I am really pleased to be your priest in Kmaifukuoka.

Yours in Christ.

Fr John

ゆりのイラスト